私は長年、東京の英会話教室で英会話を習ってきました
最初の頃はレベルが低く、かなりの回数を通って、ようやく何とか英会話が通じるレベルになっていきました。

その後は通う回数を減らし、英会話のレベルを下げない程度に通うことにしました。
初心者の頃は英会話が大変でしたが、その分とても楽しかったような気がします。

レベルが上がると、英会話のレッスンもかなり難しくなり、おまけに分からないボキャブラリーも増えて行き、
徐々にレッスンについていけないと感じることが多くなりました。

一時期スランプに陥ってしまったのですが、そんな時に私を救ってくれたのはネイティブの先生でした。
私が洋楽が好きだということを知っていたので、先生はオリジナルの洋楽のCDを私にプレゼントしてくれました。

そこで、私は英会話を始めた頃のことを思い出し、初心に帰ることができました。
楽しくやっていた英会話が、いつの間にか辛く苦しいものに変わっていました。

それからなるべく楽しめる英会話を学ぼうという気持ちが強くなり、無事にスランプから脱することができました。
今でもその先生には感謝しています。”